攻略メニュー

2019年VTuber(バーチャルYouTuber)はどうなる?今後の動向を予想!

VTuber(バーチャルYouTuber・Vチューバー)の2019年の動向を予想しています。どのようなVTuberが流行るのか、イベントやライブなどの傾向など、様々な視点から予想していますので、2019年のVTuberが気になる方は参考にしてください。

2019年も「VTuber×音楽」の勢いは止まらない

YuNi

2018年はVSinger躍動の年とも言えます。YuNiや富士葵、キズナアイらがオリジナル楽曲をリリースし、iTunesミュージックチャートで10位内にランクインするなど、VSingerの活躍は著しく、その勢いは2019年も止まる気配が見えません。

オリジナル楽曲が主流になる?

2018年中盤辺りではVTuberの音楽といえば「歌ってみた」に加え、オリジナルMVが主流となっていました。もちろん「歌ってみた」という文化はこれからも続いていくとは思いますが、夏以降になると、YuNiを始めVSingerと呼ばれるVTuber達が続々とオリジナル曲を公開していきました。

2018年のVTuberのオリジナル楽曲は、トップ走る人気のVTuberがリリースするという印象が大きかったですが、2019年ではもっと幅広くオリジナル楽曲がリリースされていくと予想します。

有名プロデューサーとのコラボ

キズナヤスタカ

キズナアイがオリジナル楽曲9週連続リリースが話題になりました。総勢8名の有名音楽プロデューサーがオリジナル楽曲を手がけ、VTuber界に留まらず、国内音楽シーンで非常に反響がありました。

このようにVTuberと有名音楽プロデューサーの組み合わせは、2019年も活発化するんじゃないかと予想しています。オリジナル楽曲を出していくVTuberが増えるにつれて音楽シーンも同時に盛り上がることでしょう。

音楽ライブ(VRライブ)の展開

25d089db41b8c35665c8329e391959cc

2018年は、オリジナル楽曲のリリースに伴いVTuberが音楽ライブを行う機会が多くありました。特に8月に行われた輝夜月のバーチャルイベントサービス「Cluster」上に作られたライブハウス「Zepp VR」での初のVRライブはVTuber業界でも大きな衝撃を与えました。

「VTuber×音楽」が盛り上がるに連れて、VTuberの音楽ライブも盛んになっていき、VRライブが2019年は前年に比べて増えていくと予想します。

VRプラットフォームの増加によりライブの幅は広がる

qkWroLk3

VRプラットフォームは2019年も増えていくと思われます。「VR SPARC」や「VARK」とVRプラットフォームが生まれ、そこで新たにVTuberのライブが展開されました。

2019年、VTuberの増加に伴い、VRプラットフォームも新たに展開され、ライブの幅は広がっていくでしょう。

VR SPARC

VARK

歌が上手いだけでは通用しない

unnamed

VSingerを初めて名乗ったYuNiを皮切りに、2018年はVSingerが多く登場しました。ただ歌が上手いだけでは有名になれない程にVSingerは今やクオリティの高い歌い手がひしめき合っています。

現在新人で人気を集めているVSingerは共通して、高い歌唱力、歌声、MVのクオリティ、選曲のセンスに加え、今ではアーティストとしてのカリスマ性を持っています。

ゲームとのコラボも活発化

DvU5svKVsAUmv_d

2018年ではスマホゲームとVTuberのコラボが見られました。特にキズナアイは東京コンセプションを始め、ドールズオーダーなどのゲームとのコラボで実際にゲーム内に登場しました。今後キズナアイを始めとして更に多くのVTuberのゲームとのコラボが2019年は見られるのではないでしょうか。

企業の広報としてVTuberが適用される

ogp

VTuberが企業の広報として自社製品の宣伝PRを務め、YouTuberとしても活躍するシーンが多く見られます。サントリーの公式VTuberである燦鳥ノム辺りが有名な例で、話題性に囚われず高い歌唱力やトーク力で高いポテンシャルを発揮しています。

燦鳥ノムの登場によりいくつかの企業系VTuberが生まれました。2019年もVTuberの市場拡大に伴い、様々な企業系VTuberが誕生すると思います。

燦鳥ノム - SUNTORY NOMU -

書き込み

最新を表示する

お問い合わせ・制作依頼はこちら

バーチャルYouTuberに関して、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください!

1~2営業日以内にご返信させていただきます。

  • お名前 必須
  • 法人名(団体・所属名)
  • メールアドレス 必須
  • 電話番号 必須
  • お問い合わせ内容 必須
  • メッセージ本文