攻略メニュー

LIVE2Dと3Dの違い

LIVE2Dと3Dの違い

LIVE2Dと3Dの違い

LIVE2Dは原画をそのまま動かす

LIVE2D

LIVE2Dは、絵師やイラストレーターが描いた原画をそのまま動かすことを指します。最近のLIVE2Dでは質感のある動きや、より立体的に動かすことができるため、ただ絵が動いているという表現では収まりきれない臨場感が生まれています。

原画に対してストーリー性や作品などのバックボーンがあった場合は、原作に対してダイレクトに愛着が沸くことや作品に対してファンが馴染みやすい表現として使われることが多いです。

3Dは立体感を重視

8daf83cd0db6ae80ef00603cc3c3d214

3Dは、原画を元にモデルを起こす作業が加わります。2次元の空間内で遠近感や角度を表現するため、リアリティと立体感がLIVE2Dとは段違いとなります。

基本的にLIVE2Dよりも技術介入が多く、モデリングやレンダリング、シューティングといったより立体感を表現する技術が用いられる点から、完成までに様々な人やツールが必要です。

LIVE2Dのメリット・デメリット

メリット

低コストでとにかくハードルが低い

LIVE2Dのメリットはとにかく低コストで作成することができる点です。3D作成の時のようにハイスペックのPCが必ず必要というわけでもなく、莫大な知識やスキルが必要というわけでもありません。

LIVE2Dの作り方さえ学べば、チュートリアルをなぞっていくだけで作成することが可能です。イラストさえあれば誰でも気軽に作成できるハードルの低さも魅力的です。

様々な配信で活用できる

元々VTuberの配信では、ゲーム実況であれば相槌や体を使ったリアクションは、3Dでなければ表現できず、3Dを持っていないVTuberは静止画に近い見せ方で臨場感がありませんでした。

しかし、LIVE2Dの登場により、2Dでも相槌や最低限の体を使ったリアクションがとれるため、3Dの身体を持っていないVTuberでも臨場感あるゲーム実況ができるようになりました。

デメリット

ライブでは映えない

音楽を主体としたり、身体を動かすイベント等では3Dに大きく劣ってしまいます。とくに音楽ライブの場合、声だけではなく身体を動かす表現が非常に重要になるため、臨場感に欠け、見ていて映えにくいものとなってしまいます。

もちろん見せ方や映像演出次第で臨場感を作り出すことができますが、大きな舞台でのライブとなると限界があります。大画面の舞台で臨場感あるライブがしたい場合はやはり3Dの身体を使ったほうが完成度は高くなります。

3Dのメリット・デメリット

メリット

表現が多彩

3D最大のメリットといえば、やはり表現の多彩さが上げられます。奥行きがあることによって、一つ一つの動きに臨場感が生まれ、踊りや運動など様々な表現が可能です。

特に体全身を使って表現するライブなどは3Dじゃないと臨場感が生まれにくいです。表現が広がるということは、活動自体も広がっていくことになるため、3Dだからこそできることは圧倒的に多いです。

歌ってみた・踊ってみたの動画に最適

身体を使った表現が可能なので、振り付けはもちろん歌ってみたを撮るのに3Dは最適です。3Dが生み出す人間味を活かした表現方法として、アクティブな動きを取り入れた動画を撮りたい方は3Dをおすすめします。

デメリット

個人で制作するのが難しい

3Dを制作するには、イラストはもちろんのこと3Dモデルを作るソフトからCPUを極力落とさないためにハイスペックなPCが要求されたりと、技術的な面から資金的な面まで個人で全てこなすのが難しいです。

特にモデリングはLIVE2Dと比べてかなりテクニカルな要素が追求されるため、スキルが求められる他、ジャンルに精通した知識も必要となります。

お問い合わせ・制作依頼はこちら

バーチャルYouTuberに関して、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください!

1~2営業日以内にご返信させていただきます。

  • お名前 必須
  • 法人名(団体・所属名)
  • メールアドレス 必須
  • 電話番号 必須
  • お問い合わせ内容 必須
  • メッセージ本文

個人情報の取り扱いについて

このお問い合わせフォームでご提供いただく個人情報は、お問合せに適切に回答し管理するために利用します。
当個人情報を第三者に提供することはありません。
当個人情報の取扱いを委託することがあります。委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。 個人情報の入力は任意となっております。ただし、ご連絡先が特定できない場合はお問い合せに適切に回答できない場合がございます。
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社エヌリンクス
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-8 池袋NSビル5F
個人情報保護管理者:副社長
TEL:03-5957-2170/FAX:03-5957-2171

<認定個人情報保護団体の名称及び、苦情の解決の申出先>
認定個人情報保護団体の名称:一般財団法人日本情報経済社会推進協会
苦情の解決の申出先:個人情報保護苦情相談室
住所:〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号六本木ファーストビル内
TEL:03-5860-7565 0120-700-779

上記を確認の上、同意いただける方は「お見積り・お問い合わせ」ボタンを押してください。

プライバシーポリシー