攻略メニュー

VTuberの作り方(始め方)

VTuberの作り方(3D)

VTuberの作り方

  • ・原画(イラスト)を描く
  • ・中の人の選定
  • ・モデル作成
  • ・3Dモデルを動かす

VTuberの作り方は、「原画を描く」「モデル作成」「3Dモデルを動かす」の3つに大きく分けられます。もちろんそれぞれの工程の間に様々な作業が存在します。

原画(イラスト)を描く

アオ三面図

VTuberを始めるには最初に元となるキャラクターの原画が必要です。2Dか3Dかで、必要な原画の種類や素材が変動しますが、基本的には「三面図」「表情(喜怒哀楽)」「各パーツ絵」が必要です。

3Dは2Dとは違い、様々な角度の絵が必要です。3Dモデルを制作する際、横・後ろ姿まであらゆる角度でキャラクターを作り上げていくため、基本正面だけの2Dとは違い素材が多くなります。

2Dは、原画をそのまま素材にして制作するため、表情やパーツが描かれていればほとんど問題ありません。

中の人の選定

キャラクターデザインやキャラ設定、世界観が決まったら、中の人(声優)の選定を始めます。

基本的にはキャラ設定にあった声質や中の人の個性(特技)が重要な選定ポイントになってきますが、

3Dモデルの場合は、ある程度中の人とキャラクターの背丈を合わせておくことで、モーションキャプチャーのトラッキングのズレを防げます。

モデル作成(モデリング)

3Dモデリング

モデル作成は、原画を元に3Dモデル作成していきます。モデルを作成するには、様々なソフトがあり、比較的簡単に作成できる「VRoid」や、カメラデータを元にモデルを作る「123D CATCH」など、どんなモデルを作るかでソフトが変わります。

モデル作成後は可動域の調整が必要

モデルを作成したらすぐに動かせるわけではなく、骨入れというモデルの可動域調整する作業があります。アニメーションを作る前段階で、骨入れをしないと動かす工程に入れません。

3Dモデルを動かす

3Dモデルを動かすには、基本的に「Unity」と呼ばれるソフトを使います。Unityは、元々ゲーム開発のプラットホームですが、バーチャル技術にも応用が効き、VTuberという文化が始まってから更に汎用性が上がりました。

3Dモデルは、Unityを使ってVRヘッドセットでリアルタイムで動かしたり、モーションキャプチャーで動きの設定を行って動かすことが可能です。

モーションキャプチャーとは

主なモーションキャプチャー機材
・Neuron
・HTC VIVE
など

モーションキャプチャーとは、人や動物などの3次元の動きを計測して動いた位置を計測し、奥行きのある3次元の動きを表現することです。

Live2Dの場合

原画を変化させて立体表現する

3Dに必要な原画は、様々な角度から描いた絵が必要ですが、Live2Dは原画をそのまま動かしたいパーツを分けて使用するため、基本的に原画1枚さえあればモデル作成が可能です。

モデル作成時は、各パーツに割り当てたポリゴンに対して動きをつける編集を行っていきます。今ではチュートリアルに従っていけば知識がなくても原画さえあればかなり簡単に作成することができます。

Live2Dであれば繊細なアニメーションが作れる

2Dは、3Dと比べると動ける範囲や奥行きが表現できませんが、今主流となっているLive2Dでは髪揺れなどまで繊細なアニメーションを作ることが可能です。

2Dなのに動きにリアリティがあり、口パクも自動で行えるなど、普段の動画や配信活動においては、必要不可欠となっています。

VTuberになれるツール紹介

PC(3D)

vroid-main-sp-a41b33c5c8e35f545b2b485b7f55fbd5

・VRoid Studio
・Vカツ
・セシル変身アプリ

PC(2D)

menu-dl-img_01

・2DR
・Cubism
・VTube Studio

スマホ

ogp

・REALITY
・SHOWROOM V
・カスタムキャスト
・トピア
・エモモ

▶VTuber(バーチャルYouTuber)になれるおすすめアプリ10選

お見積り・ご相談

バーチャルYouTuberに関して、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください!

1~2営業日以内にご返信させていただきます。

  • お名前 必須
  • 法人名(団体・所属名)
  • メールアドレス 必須
  • 電話番号 必須
  • お問い合わせ内容 必須
  • メッセージ本文

個人情報の取り扱いについて

このお問い合わせフォームでご提供いただく個人情報は、お問合せに適切に回答し管理するために利用します。
当個人情報を第三者に提供することはありません。
当個人情報の取扱いを委託することがあります。委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。 個人情報の入力は任意となっております。ただし、ご連絡先が特定できない場合はお問い合せに適切に回答できない場合がございます。
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社エヌリンクス
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-8 池袋NSビル5F
個人情報保護管理者:副社長
TEL:03-5957-2170/FAX:03-5957-2171

<認定個人情報保護団体の名称及び、苦情の解決の申出先>
認定個人情報保護団体の名称:一般財団法人日本情報経済社会推進協会
苦情の解決の申出先:個人情報保護苦情相談室
住所:〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号六本木ファーストビル内
TEL:03-5860-7565 0120-700-779

上記を確認の上、同意いただける方は「送信する」ボタンを押してください。